自転車

2009年11月 4日 (水)

自転車で松山に行ってみよう その6

(本日は画像は一切ありません。撮る余裕はまったくありませんでした)



ラさん「帰りは国道通るから距離は短いで。AM5:30出発でいいやろ」
ワタシは4:00ごろに目覚めてゆっくり準備。

ラさん部屋に集まって朝メシ。
ラさん洋食選ぶも「これだけか!」と買ってたラーメンを作りだす。

酔って買ってきた”オクラ入り(!?)ラーメン”に本人もビックリ
さらに湯がぬるすぎて「マズッ!」の一言

朝からブーブー

と、なんだかんだでホテル発は6:30…まぁ、いつものことですが



今日は朝から快晴。清々しく自転車を漕げます
R56沿いを走る。

カップルらしき学生の自転車2台。
い、意外に速い…

3人何も言わないが意識していたはず。結局追いつけなかったオジさんたち。
やっぱ現役には勝てないのか…

カップルだと思うけど、仲良く会話してたようにも見えなかった(男子が後からついて行ってたなぁ)



1時間ほど走り、さ~あ、今日の1本目。犬寄峠がもうすぐ。

の前にコンビニで一息。

ラさん、緊急備蓄用にゆで卵を買いあさる。板東エージ並みの食べっぷり


ラさんは腰、コバさんは膝が思わしくなく、調子のいいワタシだけ気合いを入れていざ!

難関と心してたからか、思うほどの苦痛ではない(とは言っても鬼の形相で漕いでたはず…)


高校時代の剣道部の夏合宿を思い出す
「あの合宿をやり遂げたんだ。これくらい屁でもない!」
(こーゆーの、よくありますね


ロードの人が過ぎ去って行く。やっぱMTBのワタシたちとはスピードも違います。あっさり



大洲まで何事もなく走る(コバさんはかなり苦しかったみたい)。

腹がすいたワタシたち、昼ご飯は満場一致で焼き肉バイキングに。後のことも考えないバカ3人


案の定、3人ともたらふく食べ、今からの現実に落胆する。(このときは本当にナオくんに来てもらいたかった)


さぁ、本イベント最大の難関、大洲の鳥坂峠。

ここはラさんもはじめから気合い入れてチャレンジ!



…ぅっ、ぉおーーーーーーーーーっ!



やべぇ、かなりキツイ…



日差しも強くなり、サングラスに汗がダダぼれです

しかも、コーナー過ぎて見上げると延々と続く上り坂。精神面でもトドメをさしにくる強敵



ここはラさんの圧勝。さすが一発にはめっぽう強いです
ワタシもなんとか足もつかずにクリア。

残念だったのがコバさんの膝が万全でなかったこと。調子に乗ったコバさんにかなう者はいないほど。そしてネバい。3人でヨーイドンしたかったなぁ



往路と同じく宇和どんぶり館で休憩。そしていよいよ最後の敵、歯長峠です。


ここで足をついたら今までの努力が台無しだ。「制覇」しないと意味がないのだ。ワタシはこのチャレンジで成長するのだ!
(と、ひとりで燃え上がっています…)


挑戦する気ゼロのお二人、世間話しながら峠越え。その間にワタシは「制覇」しました!よっしゃ!!





長かった2days。ゴールの二名小にPM6:00着。

行きも帰りも12時間と(ワタシは自宅までプラス20キロほど走りましたが)、しばらくは自転車から離れて生活したいかんじです。
といっても明日には通勤でまたがるのですが…



まぁ、すばらしい体験をさせていただきました。ラさんの思いつきのおかげです

後日、職場のみんなに話すと、全員からア然の表情と鼻でのお笑いをいただきました(当然ですかねえ)。



こんどは何する?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

自転車で松山に行ってみよう その5

峠を下って松山方面へ旧道を走る


走る


走る …平坦とはいえ、意外に距離あるような気がする。ゴールまでまだ遠い



今日の難関はもうないハズ。脚はまだ大丈夫、なんとか動く。
しかし、お尻はもうTHE ENDを迎えそうだ…



アナタたちのように話がすすまない
まぁ、もともとワタシはベラベラと話し上手ではないし、この2人の話を聞くのが基本。
間にちょこちょこ入る感じか。それがこの3人のスタイルみたいなものかも。

また、話す内容はお笑いの話とくだらない話がほとんど。この2人は止まらない(というよりラさんの口は止まらない)



お堀を通って

ようやく県庁前に到着!

PM5:00

休んではいるが、12時間のロングラン…やっと着いた~っ



お仕事をしていた人か何人かが県庁から出てきたので、記念写真を撮っていただきました
2009110316430000









ス~ッと自転車から降りてス~ッと立ち去っていく…


「ウオーッ!」「ガッツポーズ!」などやる元気もなく、お互い励ましあうような感じ。
オジさんにはもう勢いがなくなってました



ホテルに着いてヨメに連絡。

「だーっははっ!ホントに着いたの?よーやるね。無事でなりよりよ。じゃ」

心配してたのか、疑ってたのか、相手にされてないのか…



汗を流しに風呂へ。
酷使したお尻。そ~っと湯船につかるが、ビリビリビリッ!!

明日も機能するのかがとても心配です。



晩メシは居酒屋。ラさんはこの日のために9日間も酒を控えていたそうです
普段飲まないワタシもこの1杯はウマかった!
ラさんはもっとウマかったはず
2009110319260000










しかし…ここのお店、味はいいんだがメニューの写真と実物がえらい違う。
大きく(多く)見えた一皿がチョボリっとだけしかないし、ウインナーはAV男優サイズの写真が小児サイズ(配色は申し分ないが)。

また、「ここのエリアには呼び鈴はありません」と言いながら店員の顔は見えず。注文は店員が来たときか自分が言いに行く。


ラさんブーブー言う

味はいいんだけど接客では残念でしたね



久しぶりにこの3人でゲーセンに

ラさん背筋力測定にチャレンジ
200kg手前…相変わらずです
ワタシはもともと背筋は弱くチャレンジするも140kg程度、コバさんも…。


次は握力測定
2回(右と左の1回ずつ)「ウォーッ!」「ウォーッ!」とラさん。
”0kg””0kg”

ワタシも試みるが同じ結果…


よく見るとグリップと繋がっているはずの部品が外れている
すぐさま店員に言って別の握力測定ゲームをやらせてもらう。3人分(?)

ラ82kg、ワタシ75kg、コバ69kg(それくらいだったと思う)
ここもラさん勝利リンゴを潰してもらうのはラさんに頼みましょう。


次は”はじめの一歩”のパンチ力測定ゲーム(そんなのばっか^^;)
ラ183kg、ワタシ192kg、コバ164kg(それくらいだったと思う)
ワタシの勝ちだが、明らかにミスってフックぎみに当たったのが高得点に。
”生きた”パンチはラさんですよ。気をつけて^^



ここでコバさん、疲れ+お酒+ゲームでリバース手前…(ワタシら気づかず)


コバさんとワタシはもう限界近くて各部屋へ戻る。
ラさんは松山在住のヤッくん誘って飲み交わす。ラさん、明日帰るんですよ。自転車で!ほどほどにね

ラさんの底が見えないです。あれだけ走りたおしたのに、まだ動ける(飲める)なんて…



腰・太もも・ふくらはぎ・ひざ・向こうずねにシップ貼りまくり。すぐ就寝です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車で松山に行ってみよう その4

…まだか、海は!

結構距離あるなぁ…


海に出る手前のローソンで一息。
12:00のサイレンが。もう7時間ほど走ってるのか…

そりゃ疲れるわなぁ。この日のための体力づくりなんぞやりもせずに挑んでるんだから…ここまで来ただけでも上出来よ。


ラさん「ナオくん(この人もまた小さいころからの友人)に迎え来てもらおうか」


「おいおい、それはないで」と笑いながら話してるが、マジで来たら素直に乗るつもりでした





ようやく海岸線ロード。ここはコバさんが走りたかったルートです。


天気も晴れ、爽やかな風を浴びながら軽快に走る…
Image308


いや、ワタシは「双海はまだか 休みてぇ」のみ。
平坦コースは意外に辛い。GEL TECH装着のワタシのお尻も、もうヤバくなってきました





双海といえば、「日本一海に近い駅(下灘駅)」があり、そこにキムタクがドラマ『HERO』のロケで来たらしいですね

ラさんが自慢げに教えてくれました。

ラさんはゴシップネタ好きのコバさんから教えてもらいました。



もうすぐ「ふたみシーサイド公園」
Image311




休憩だっ ふ~ぅ









イカ焼き500円。1パイ丸々です!(半分食べてますけど)
うまいっ
Image313













さぁて、いよいよ本日の第二関門。双海から伊予市内への峠(名前知りません…)です!


ここも制覇だと意気込み十分で坂を駆け上がるワタシ

といっても軽~いギアでノコノコノコ…

コバさんは、元々あまりよろしくない膝に痛みを感じ、スローペースで。

余裕で先着するだろうと少し天狗になってたワタシを、立ち漕ぎで抜き去るウサギさん…
競争はしてないが、やられた気分… ラさんはやるときやるよ。単なるウサギじゃないよ(このときはそう思いました)


ワタシも立ち漕ぎで!

ん? 立ち漕ぎいけるぞ!

峠すべてを立ち漕ぎはムリだが、立って座って交互にいけばやれるな


ィヨ~シッ


この峠が一番楽しくいけました!歯長峠に比べたらヨユーですよヨユー
Image314





あとは、県庁に向けて行くだけだ先が見えてきた~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車で松山に行ってみよう その3

通勤車も増えてきて、国道はできるだけ避けて走る。

ここからしばらくは平坦コースだ、と思いきや
車で走ってたら分からないほどの少~し上り道

のどかな感じで走ってましたが、ワタシは意外に辛くなってきた…

鳥坂峠の下りは、快適超えて少し恐怖!

コーナーでは車と並んで走ってましたし

さぶかった…

途中で一息。

Image301







空を見ると、コバさんに灰色の雲が付いてきているではありませんか!?
カッパ着用は勘弁よ~と祈るばかりです

大洲市内のジョイフルまで走ってようやく朝食。

ワタシ → 豚汁定食+ミニポテトフライ&ソーセージ

コバさん → チキン南蛮定食

ラさん → 焼きさば定食+チキンペッパーステーキ(おかずのみ)

皆さん、ぜんぜん朝食じゃないです
(そりゃエネルギー使ってますもん)

店に入ってから、自転車が気になってカギをかけにいくワタシ。

昔(ラさんと)ツーリング中、朝ホテルから出たらバイク(当時は2人ともCB400SF乗ってました)が盗まれてた記憶が戻って、怖くなり3台まとめて施錠です。
なくなったらお終いですから



さぁ、重くなった足取りを進行方向へと向けますか

「アッ痛っ」とお尻から悲鳴が聞こえたコバさん。
ワタシとラさんは「お尻の痛み2割減」の”GEL TECH”を装着してるのでまだ我慢できる範囲。

Image315



装着していないコバさんは往路半分でもう限界近いのか!?

往路は双海を経由して松山なので、大洲から長浜向けて走る。


ラさんは、よく道を知っている。
松山、高知、大阪どこでも。すばらしい!
尊敬します、そーゆーところは。

でも、この辺はコバさんが知ってるらしい
確かにコバぞ知るコバエリアはありますが、コバさん知っててワタシは知らないのは、なんとなく悔しく思うところが頭の片隅に…
(お笑い・格闘技・アイスのことは別に悔しくないのですが)





この道は爽快に走られる。車走らないし風も心地よい。

Image302

「目開けたら自分の部屋やったりして」
みたいなことをつぶやくラさん


Image303






(車で)もうすぐ行けば
海ですよ~



| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車で松山に行ってみよう その2

まずは、ラさんとスタート地点へと足を運ぶ。
それまでに”今日から晴れる”はずだった空からポツポツと…
コバさんの力は相変わらずです

AM5:00。3人揃ってしゅっぱーつ!で、すぐさまラさんのサイクルメーターに異変発生!

「昨日までは良かったのにぃ」

原因わからずアチコチ触って機嫌直すのに成功。その後も時折認識しないことがあったが、最後まで付き合ってくれました。
「この先も何か起こるかな」という不安が少しよぎる…いやいや、やりますよ。やりきりますよ!

今日の第一関門(イキナリ!?)”歯長峠”の前に一息。

Image297



ラさんはメディアプレーヤー、コバさんはFM/AMラジオと携帯で音楽と人生相談を聴く。ワタシは…CDプレーヤーしかなく荷物になるので音楽は諦めてきた。

ラさん「上り坂の”ここぞ”という時は玉置浩二の『田園』よ!」

…1996年7月にリリースされた11枚目のシングル。13年前の。確かに名曲だけどちと古いよね^^;
そういえば、途中でコバさんが口ずさんでたのはジュディマリ(JUDY AND MARY)の曲(曲名忘れた)。下り坂で気持ちよさそうに歌ってた…この人たちも解散したよねぇ。古いよねぇ。

「ワタシたちの心は、過去の良き日で止まっているのか、それとも昔を懐かしんでいるのか」
そう考えるのもオジさんになった証拠か… まぁ、3人エエ歳ってことです^^;

さぁ、峠に向かってラさん軽快に直線を飛ばして行く!

が、峠の手前でペースダウン

『田園』が終わったのか?

ノリノリでいくのはいいが曲かけるの早すぎたんじゃないだろうか…

2人がラさんに近づくと立ち漕ぎで突き放す。

「ウサギだなぁ」

ワタシは瞬発力筋使わずスタミナ筋で維持できるように
軽~いギアでノコノコとゆっくり。

負けん気の強いウサギさんは、ワタシに抜かれた後ゴール(頂上のトンネル)付近からスパートして先着。
まだようやくとなり町にきたところ、体力を温存しておかねば。ワタシには真似できないことです。

最後は一番軽いギアでも死に物狂い。なかなか手強かった歯長峠。
しかし、足を付かず頂上までいくことができました!

ここでワタシは「すべての峠を上りきる」という目標を打ち立ててしまいました。
(やってしまった感があるが…ま、まぁ、がんばってみよぅ)

下りは軽快~っ!ブッ飛ばしてはないが時速50kmは出たらしい。

前のマウンテンバイク風自転車だと、フロントフォーク折れて山の中へ放り出されていただろう…
NEWマシンでよかった

どんぶり館で休憩。
ちょうど虹が出た。それも二重の^^(画像ではたぶん分からないでしょうけど^^;)

Image299

Image300

Image298









いいことありそうな気分

通勤途中のラさん嫁に寄ってもらい声援もらって再出発!本番はここからです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車で松山に行ってみよう その1

今日は、待ちに待ったイベント企画モノ

「自転車で松山に行ってみよう!」の決行の日



そもそもの発端は、2年ほど前にコバさんが松山にいたころ、
ラさん「自転車で遊びに行くか?」の一言がはじまり。

ワタシも「そーやねぇ」と気軽に返事。



その後実行できず、コバさんはこっちに帰郷。


またしばらくしてから、ふと思い出したかのうように
ラさん「松山まで自転車で遊びに行くか?」

2人「そーやねぇ、いいねぇ」  また気軽に返事。


で、3人が揃う日に決行となりました。



フツーの人(たち)なら「バカなこと言うな」とあしらうでしょうが、
ここはまたおバカな2人、ラさんの”思いつきプラン”にノって盛り上がってます。

(そんな輩3人。小学1年からの付き合いです




ルート下見は、ラさんコバさんが入念に計画しており、
ワタシはそれに従って行くだけ。

3人の母校の校門前スタート、県庁前ゴール。約100km…

ラさん曰く
「平均時速15kmで走って7時間ほど。
朝5時発だからお昼に着いちゃうね」


…ラさんのこういうときの計算には、”おおよそ1.5倍かけろ”といわれています。
ワタシはすぐ「2、3時に着くか」と再計算しておりました。



さぁ、予定どおり、また無事に帰ってこられるのか…




ちなみに、ワタシは毎日2kmほどの通勤、ラさんは決行4日前ほどから毎日15、6kmを通勤、コバさんは決行数日前(たぶん1日だけ)メンテ後に近所を回った程度。
また、ロードサイクルには興味がなく、皆マウンテンバイク。


ホントに大丈夫なのだろうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

テスト走行

夕方、子どもと子どもの友達連れてテスト走行

ワタシも子どももニューマシンで、
自転車にまたがりたくてしょうがない似たもの同士…

(子どもは周りの子と同じのが乗りたくて、ごくフツーのキッズサイクル。
マウンテンバイク勧めたのに、つまんね


(トーゼンだが)変速もスムーズやし軽いし
ついついスピードオーバー… 子どもに怒られました。

ついつい試したくなって
(なだらかではあるが)上り坂を走る。子どものことなんか気にせず。



いやぁ、軽快に走りますね最高ッス


マシンは最高なのだが、運動不足もあって帰ったら少し腰に違和感を感じました。
当日はウエストベルト必須ですな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月30日 (金)

ニューマシン

久々のブログ。まぁ、いろいろとありまして…^^;



ラさんからもらったマウンテンバイク風自転車。

もらったときからフロントフォークにガタがきてたけど
結構気に入って通勤メインで使っておりました

Image292




が、

ラさんコバさんとの2年越しのチャレンジ企画モノを
決行するにはかなりムリがあるシロモノ…



”プロ”ショップからのご意見「危ないねぇ」の一言と
コバさんバイクの予想以上のよさにショックを受けて
ニューマシン入手を決断しました


Image293




か、か、か、かっけぇ~っ!

松山のショップでget!即持ち帰りデス


「すぺしゃらいずど」

ビギナー用で安価ですが(私にとっては高価!)

イメージカラーの”イエロー”だし、サイズもちょうどだし
言うことなしです

お店の方、このサイズでこのカラーを置いていてありがとうm(_ _)m


明日はポジションなんかを調整して、子ども(もニューマシン)とサイクリングの予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)